賃貸住宅の経営の基本

遊休地を生かすための土地活用




土地オーナーにとって、遊休地を保有したままほっておいても資産活用にはなりません。

今、アベノミクスで景気は上向きになろうとしています。
そこで注目したいのは、賃貸住宅による土地活用です。
立地に合わせたプランニングさえ間違えなければある程度の利回りを確保できる事業で あることは確かです。
賃貸経営に当たり具体的な実務は専門家に任せてよいのですが、提案されたプランを 理解する、あるいはある程度の提案ができるようにならなければなりません。
そこで簡単な基礎知識のイロハをわかりやすく解説します。


まずは土地活用の方法を知っておきましょう

賃貸住宅の経営をはじめ、所有地の活用を考える際に押さえておきたいのが 、土地活用の手法です。

所有地の立地、広さ、形状、法規制などの条件、あるいは資金調達の容易さ、リスクの大小 など、所有地の条件や自身の目的に合わせて最も適した方法を選ぶことが、土地活用成功の 最大のポイントです。主な手法は
事業受託
土地信託
等価交換
定期借地権
があります
Copyright © 2012 賃貸住宅の経営の基本 All Rights Reserved.