管理者プロフィール


安土桃山時代の千利休の自画像

安土桃山時代の千利休の自画像

実際の千利休のプロフィール

1522年 堺(さかい 大阪府)の商人の千与兵衛(せんのよへえ)の子として生まれる。

1540年 武野紹鴎(たけのじょうおう)に茶の湯を学び、宗易(そうえき)を名のる。

織田信長や豊臣秀吉らに茶の腕前を認められ、1585年 千宗易が正親町天皇(おおぎまちてんのう)に茶を献じ、利休の名をたまわる。

1587年 北野大茶会(きたのおおちゃかい)で千利休が豊臣秀吉、今井宗久
(いまいそうきゅう)とともに亭主(ていしゅ)を努め、千利休の「わび茶」が知れわたる。

その後、 「侘び茶」の茶人として天下一の人物となった。

「わびの精神」とは、茶の道の精神に至らぬものが高価な唐物を尊ぶ風潮に対して反対したことから始まったとされる。

千利休の「侘び茶」とは、当時、高価な中国製の道具である「唐物」とは違い、国産の道具を用いるだけでなく自身で器具を積極的にデザインし、職人につくらせた「楽茶碗」で粗末な道具し、書院における豪華な茶の湯に対し、四畳半以下の茶室を用いた簡素な茶の湯を指す。

 

千利休あめーば

現代のインターネットに世界に「侘びの世界」を伝える団塊Jr

 

 

Hello world!


WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !